Soula × BalletTokyo スペシャルワークショップ


~connection&breathing~

 

バレエダンサーは柔軟性を高めることを多く求めますが、柔らかければ柔らかいほど安定性は失われてしまう為、身体のコネクション(全身のつながり)が必要になります。

柔軟性に対してコネクション力が弱いと・・ ピルエットなどの技がまとまりにくい、音に遅れる、何よりも怪我が多くなるなど。。

ダンサーとしては、柔軟性とコネクション力のバランスが取れているボディが理想的だと思います。

またバレエのレッスンでは呼吸がうまくできない、酸欠になる、呼吸のことなど意識したことがないというダンサーの方も多いかと思います。

動きに呼吸が伴わないと・・・ 筋肉が酸欠になり、疲労しやすい、持久力がない、硬くなる、集中力が持たないなどの肉体面でのデメリットはもちろん、ヴァリエーション時の表現方法、男性と踊るパドドゥでのパートナーシップなどのコミュニケーション力としてのデメリットまで。。

バレエのレッスン時からもっと呼吸を取り入れながら踊ることで身体の可能性や表現力、踊り方までもが変化するのではないでしょうか。

今回の【Soula×BalletTokyoワークショップ】では、柔軟性だけでなくコネクション力を意識しながら身体の感覚を高めていくジャイロキネシスのあとに、呼吸をふんだんに取り入れながらのびのびと気持ちよく踊るバレエクラスで身体の変化を体感して頂き、普段のレッスンに活かして頂ければと思います。


【Soula×BalletTokyoスペシャルワークショップ詳細】

日時:2013年6月2日(日)

※同じ内容のクラスを2回に分けて開催致します。レベル分けはございません。

 

■class1

ジャイロキネシス(講師:松本香絵)12:30-13:50 80分bスタジオ

バレエ(講師:中谷広貴)14:00-15:30 90分 aスタジオ

 

■class2

ジャイロキネシス(講師:松本香絵)16:00-17:20 80分 aスタジオ

バレエ(講師:中谷広貴)17:30-19:00 90分 aスタジオ

 

対象:小学高学年~大人

場所:ワクイバレエスタジオ天満駅前スタジオ

大阪市北区3-5サポービル3階

(JR環状線大阪駅より1駅「天満」駅前、地下鉄堺筋線「扇町」駅より徒歩5分)