西村真由美(ダンサー、バレエ講師)


■経歴

5歳より谷桃子バレエ団研究所にてバレエを始める。

余バレエ・アカデミー、中国国立北京舞踊学院、ベルギー等で研修 スウェーデン王立バレエ学校留学 スタジオ・アンサンブルにて金成研侍、真野知里に師事。

1998年、チャイコフスキー記念東京バレエ団入団。

同バレエ団の国内外の公演で、古典作品からモーリス・ベジャール ジョン・ノイマイヤー、イリ・キリアン等、幅広いジャンルを踊る。

2009年4月には、フェリックス・ブラスカによる「タムタム」にて主役を踊る。

2010年2月にパトリック・ド・バナ振付「ホワイト・シャドウ」に、マニュエル・ルグリ(元パリ・オペラ座エトワール)のパートナーとして踊った。

同公演はWOWOWでも放映された。