松野乃知(ダンサー、バレエ講師)


■経歴

東京都出身。

幼少よりジャズダンスに親しむ。『Can't Stop Dancin' 2000』など数々の舞台に出演。

9歳より東京バレエ学校でバレエを始める。2001年には東京バレエ団『ドン・キホーテ』初演に子役として出演。

 

2009年 伊達クラシックバレエコンペティションにて宮城県芸術協会賞及びロンドンスタジオセンターのフルスカラーシップを受賞。

     9月よりロンドンスタジオセンターに留学。

2010年 伊達クラシックバレエコンペティションにて河北新報社賞受賞。ジャパングランプリにてディレクター特別賞受賞。Youth America Grand Prix日本予選を突破しNYファイナル進出。

2011年 4月より東京バレエ団に入団。『ラ・バヤデール』で初舞台を踏む。

2012年 3月、入団1年目にして"子どものためのバレエ『ねむれる森の美女』"でデジレ王子に抜擢される。その後もパリ・オペラ座ガルニエ宮での『ザ・カブキ』や横浜ベイサイドバレエでの『ギリシャの踊り』(バルナの踊り初役)『ボレロ』に出演。『ドン・キホーテ』では闘牛士、『ラ・バヤデール』ではパ・ダクシオンを踊った。この他『オネーギン』『春の祭典』『ペトルーシュカ』(フォーキン振付)などに出演。

 

2013年1月"子どものためのバレエ『ねむれる森の美女』"に再び主演予定。