SBT出張バレエ&パドドゥクラス in 静岡

岡崎隼也先生よりメッセージ♪

初めに、今回の機会をご用意して下さった塩沢様、小池バレエスタジオ様、そしてご参加頂きました皆様、ありがとうございました!

初めての出張クラスということで少し緊張もしていたのですが、

スタジオ全体の雰囲気がとても良くて、僕達がクラスを楽しんで行えました。

時間もあっと言う間で、気付けばクラスを2時間、パドドゥクラスも1時間40分以上行っていました!

時計を見て僕もびっくりしました!

今回のクラスでお伝えした事が、これからの皆さんのバレエに少しでもお役に立てば、幸いです。

四月に行われる発表会の成功もお祈りしています!

大好きなバレエを楽しんで踊って頂きたく思います。

本当にありがとうございました!


松野乃知先生より出張パドドゥクラスレポート!

今回はBallet Tokyo初めての試みで、静岡の小池バレエスタジオさんに岡崎隼也と松野乃知が「SBT出張パドドゥクラス」に行ってきました。

初めてのお教室にお邪魔するということで、スタジオに到着するまではどのようなクラスになるのか想像がつきませんでしたが、スタジオの生徒の皆さんが温かく迎えてくださり、終始楽しく、でも真剣にレッスンにのぞむことができました。

13時半から始まったクラスは、バーレッスン、センターレッスン、パドドゥクラスと、17時半すぎまで4時間以上におよぶ長丁場となりましたが、皆さんと時間を忘れてしまうくらい集中して楽しくとりくめたレッスンとなりました。

今回特に皆さんにお伝えしたかったのは、足の裏を鍛えることと、楽しんで踊る事です。

上手なバレエダンサーはみんな足の裏がとても強く、その力でしっかり床を使って自分の持っているパワーを最大限にいかして踊っています。

その足の裏の強さは、日々のレッスンのたまものです。 

なので皆さんにも、どう考えてどう体を使えば足の裏を鍛えていけるかをお伝えし、僕たちが帰ったあとのレッスンでも日々訓練していただけるようにレッスンを考えました。

その他にも、自分が楽しんで踊っているのは観客の方にも伝わるし、なにより楽しいと思って練習することが上達の1番の近道ではないかということで、少し難しいパや右足左足を交互にかえるタンジュ(頭の運動ですね笑)などもレッスンに取り入れ、更にバレエを楽しいと思っていただけるように心がけました。

 

バレエの練習は、習ったことをその先生がいなくなったあとも続けることができるので、普段なかなか東京などのプロのダンサーに教わる機会のない方々にも、これから少しでも僕たちが学んできた経験を伝えられる場がもっと増えていけばいいなと思います。

 

そんなふうに思わせてくれた、温かい生徒の皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです!

 

初めての「SBT出張パドドゥクラス」はそんな楽しい旅になりました♪