中谷 広貴(ボディトランスレーター・パーソナルトレーナー)

■経歴

高校を卒業後、指揮者である金井誠氏に師事し芸術家としての道を歩み始める。

金井誠指揮、岩田達宗氏演出のオペラ「奥様女中」にてヴェスポーネ役として出演後、声を出さない身体表現に興味を持ち、ダンスを本格的に始める。

翌年より東京シティバレエ団付属研究所を経て東京シティバレエ団入団。

その翌年、東京バレエ団入団。

東京バレエ団退団後、各種トレーニング資格を取得しダンス専門トレーナーとしての活動を開始。

 

音楽を主体としたオリジナルメソッドを中心に独自の手法、解釈によるバレエ、及び各種ダンスの動作分析、音楽から導き出す身体表現、呼吸によるボディコンディショニングとトレーニング法は国内外で活躍するプロダンサーだけでなくバレエ教師、トレーナーの方々からも厚い信頼と高い評価を得ています。

ダンサー、振付家、演奏家、作曲家らと共に音と身体、時間と空間の関係とその在り方、演奏家とダンサーの役割と音楽的繋がり、音楽が身体に与える影響等を研究しています。

 

個人の活動以外に、バレエ総合情報サイト「BalletJapon」アドバイザー&コンディショニングコーチとして活動。

studioARCHITANZにてボディコンディショニング、バレエ入門クラスを担当。

ダンサーで振付家の青木尚哉氏が主宰する「青木尚哉グループワーク&リサーチプロジェクト」にてボディコンディショニングを担当。

 

 

■出版

ダンスマガジンをはじめ、多くのバレエ雑誌を出版されています新書館より出版の「クララ」「クロワゼ」「ダンシン」にて特集記事を担当。

・ダンシン 

2013年11月5日発売ダンシン第2号~2015年11月5日発売第10号連載企画「カラダ・すくすく大作戦!!」監修・指導・モデルを担当。

「お子様の成長とバレエ」をテーマに紙面や付録DVDにて、マッサージやストレッチ法、エクササイズをお伝えしています。 

・クロワゼ

2015年12月4日発売クロワゼ1月号特集記事「おとなのための回転塾」監修。

・クララ

2014年3月10日発売クララ4月号特集記事「Afterバレエストレッチ」監修。

2017年8月10日発売クララ9月号特集記事「バレリーナの美脚特集」監修。

 

・ダンスワーク(69 2015春号)

ダンサーの為のコンディショニングメソッドをメカニクスの視点から整理し、考察するという内容で、ジャイロキネシスメソッドについて記事を書かせて頂きました。

ジャイロキネシスの歴史、ダンサーとして活動していた経験、現在のトレーナーとしての目線から見たジャイロキネシス、そしてジャイロキネシスメソッドの実際の内容と3つに分けて書かせて頂きました。

 

写真家としてバレエスタジオ、ダンサー、トレーナーの方々の撮影、作品提供を行っています。

 

 

■資格 

GYROKINESIS認定トレーナー(レベル1、ビギナーレベル2)

GYROTONICアプレンティストレーナー 

Jumping-Stretching Board認定トレーナー